2004年春、喜如嘉(きじょか)にて


 4月3日(土)、久しぶりに義母を誘って大宜味村の喜如嘉に出かけました。新聞で見た「オクラレルカ」という面白い名前の花を見に。
 喜如嘉は、大学を卒業してすぐに採用された小学校がある、思い出の地でもあります。20年前とはだいぶあちこち変わっていましたが、やっぱり懐かしかったです。
 イグサの休耕田いっぱいに植えられたオクラレルカがとてもきれいでした。その田んぼのそばに立っていたかかしがまたユニークで・・・


   出かけてすぐ雨が降り出し、がっかりしたのですが、
雨にけむるオクラレルカの花がとてもきれいでした。

多分、新聞で名前を確認していなければ、アヤメかカキツバタか・・・なんて思ったことでしょう。
       
こんなかわいいかかしたち。いったい何を追い払うんでしょう?
殻の色がちょっと変わった、体にも模様の入ったカタツムリ。デジカメを向けるとまるでカメラ目線。
   
 喜如嘉の七瀧。鳥居の奥の方に細い滝が見えました。
    ここは、子ども達と一緒に探検した場所です。       

TOPに戻る 掲示板へ 写真のページTOPへ