カバマダラ


 

さなぎになる準備のカバマダラ

ベランダの塀に張り付いてさなぎになる準備

お尻から糸を出して、しっかりと塀に体を止めている。

葉っぱでさなぎになる準備

トウワタの葉でさなぎになる準備

体がだんだん曲がってきていよいよ幼虫の皮を脱ぐ(本当に服を脱ぐように、幼虫の皮を脱ぐのだ)準備をする。

クリーム色のさなぎ

クリーム色の塀に作ったさなぎはクリーム色

緑色のさなぎ

葉っぱにぶら下がったさなぎは緑色

カバマダラのさなぎの秘密

さなぎになる場所によって、さなぎの色が変わる。
今まで何度か見てきたはずなのに、それには気付きませんでした。
葉っぱにぶら下がったさなぎも、やがてクリーム色になるものとばかり思っていました。
けれど、色が変わる様子が無いことに気付き、「保護色」と言う言葉を思い出しました。
カバマダラのさなぎは、幼虫からは想像できないくらい、きれいです。
金色の飾りがついて、下の方にも、ポツポツと金粒のようなものがついています。
こういうものを見たとき、自然ってすごいと思います。
自然そのものが芸術なんだと思います。(2002/7/11)

 

 

羽化したカバマダラ

 羽化して間もないカバマダラ

羽を広げたカバマダラ

自転車のタイヤの上で羽を広げているところ

自転車のタイヤの上のカバマダラ

砂糖水を飲んでいるカバマダラ

砂糖水を飲んでいるところ

床の上の羽を広げたカバマダラ

床の上のカバマダラ

カバマダラの羽化

 朝、パソコンの前に座り、何気なく振り返ってみたら、カバマダラが羽化して蝶々になっていました。急いで写真を撮り、手のひらに載せてみると、足が4本しかないことに気付きました。羽もおなかを巻くような感じで、正常とはいえません。
 外の日々草の花に停まらせたが、風が強いので玄関の外の自転車に停まらせたのですが、しばらくたっても飛び立つ気配がないので、家の中に入れ、砂糖水を飲ませました。

 今まだ、カバマダラはうちの中にいます(午後12時40分現在)。息子が帰ってきたら 蝶になったカバマダラを見せてやって、花がたくさん咲いているところで放してやるつもりです。(2002/7/16)

 

 

カバマダラの足は4本?
うちで羽化した2匹のカバマダラの足が4本だったので、奇形かと思ったのですが、
カバマダラの足は、2本が退化して見えにくくなってるようで、ちゃんと6本あるそうです。
足が退化したのには、それなりのわけがあると思います。調べてみなくっちゃ。(2002/7/22)

 

TOPに戻る 掲示板へ 写真のページTOPへ