伊江島

5月3日から2泊3日で伊江島に行ってきました。私の生まれ島です。
つば広の麦藁帽子のようなきれいな形の島です。

約600段の急な階段を上って城山(ぐすくやま:島ではタッチューと言われている)の頂上に着きました。きれいに区画整理された畑が見えます。
 今年はタイミングよく、ゴールデンウィークにゆりの花が満開でした。約300万本のゆりの花が植えられているそうです。夕方のりリーフィールドいっぱいにゆりの香りが漂っていました。
 
 干潮時に湧出(わじ)に降りて散策してみました。熱帯魚やヒトデ、うにや貝、蟹などの生き物を見つけ、子どもたちは大喜びでした。


湧出(わじ): 島の北岸、高さ約60bのがけ下にある湧水の水源。清水がサンゴ礁の海に流れ込んでいる。崖に近いところの水をすくって飲んでみると、かすかに塩味がするだけ。
 弟と義弟の友人が夜、海に潜って捕ってきたタコと貝。タコがこんなに白いとは・・・。塩とビールを入れて茹でたタコは、私の知っているよくスーパーで売られているタコでした。貝も茹でて薄切りにしてタコと一緒に刺身で食べました。採りたてのタコと貝は、歯ごたえがあってとても美味しかった。これが贅沢なんだよなぁと実感。角のある貝は水字貝(すいじがい)という貝で、殻は魔よけとして飾られるそうです。
TOPに戻る 掲示板へ 写真のページTOPへ