そらのあいうえお

五十音表

    五十音表にもち手をつけて、どこにでも持ち運べるようにした。これは、「そらのあいうえお」の
    絵本と一緒にセットで遊べるようにしたもので、ほかにも、身の回りにあるものの名前や人の名
     前など 言葉遊びができるようにしたものである。文字は、マジックテープで付くようになっている。

1、2ページ

 息子の似顔絵(?)を福笑いにしてみた。 福笑いをして後、五十音表から「め」「はな」 など顔の部位の名前を探して置くのである。

 

3、4ページ

 家族の顔を縫い付け、それぞれの名前を 入れるようにした。「おとうさん」「おかあさん」 「おねえちゃん」ではなく、それぞれに名前が
あることを理解できるようにと言う思いを込めて・・・

5、6ページ

 大好きな動物で言葉つくりへの興味を 持たせたいと思った。

7、8ページ

 このページも当時息子が好きだった乗り物の絵を 使った。「興味を持たせること。」それが一番の課題だと 思った。

どのページのアップリケもフリーハンドで切ったため、構図的には
 おかしいかもしれないが、それが「手作りの良さ」だと思う。きっと、
同じように作ったつもりでも1つ1つ表情が変わってくるのでは?

 

TOPに戻る  布の絵本のページへ